IoTコール

ボタンプッシュで自動音声で電話をかけたり、
LINEにメッセージや現在位置を投稿

使い方色々「プッシュコール」

小型の携帯用ボタンをプッシュするだけで、あらかじめ設定したルールに基づき、システムが自動音声で電話をかけたり、LINEにメッセージやボタンがプッシュされた位置情報を投稿してくれます。
お店などでの防犯対策、お子様やお年寄りの見守り、繁忙時の人員応援要請など、用途はお客様次第。様々なシーンでご活用できます。

ケーススタディ
ケース1
防犯対策
コンビニや銀行、お店での防犯対策
ケース2
緊急時の確実な連絡
子供やお年寄りの連絡
ケース3
応援要請
手が離せない時の人員要請

ボタンプッシュで電話・LINEでお知らせ

プッシュコール プッシュコール
LINE投稿
「位置情報メッセージ」
または
「テキストメッセージ」
(お客様指定の文字列 60文字内)
自動音声荷電
「位置情報(住所)の読み上げ」
または
「お客様指定のテキストメッセージ読み上げ」
荷電の種類
通常 登録された1つの電話番号に荷電
一斉 登録された複数の電話番号に一斉に荷電
輪番 登録された複数の電話番号に受電されなかった場合、順次荷電
サービスについてのお問い合わせ
お問い合わせ
まずはお気軽にご相談ください。

ルールの設定は簡単、シンプル。

ルール設定はユーザー管理画面から、
1
3種類のボタン動作を設定
2
荷電先電話番号や再生内容の登録
3
LINEご利用の場合は、LINE公式アカウント「プッシュコール」にともだち登録
の3つだけ。
すぐにプッシュコールがご利用できます。

ボタン動作は3種類。

動作設定例
プッシュ LINE投稿
2プッシュ 自動荷電
ロングプッシュ LINE投稿と自動荷電
等、動作の振り分けが可能

Pushcall提供価格

初期費用 11,000円(税込)
月額費用 2,200円(税込)
超過利用料金 550円/単位(税込)

月額費用には、
自動荷電:10分または10コール
LINEメッセージ投稿:50メッセージを含みます。

※ボタン端末はレンタルとなります。(月額費用に含まれます。)
※最低ご利用期間は3ヵ月となります。
※月内に自動荷電またはLINEメッセージ投稿が定量を上回る場合、超過利用料金が発生します。
※超過利用料金1単位とは自動荷電:10分または10コール(1分/1コールあたり55円)
または、LINEメッセージ投稿:100メッセージ(1メッセージあたり5.5円)
NEWS
2021年1月8日
架電に対する受電者の応答(0~9プッシュ)を
確認(管理画面)できるようになりました。

架電時、呼出し時間の設定と受電しない際の
リトライ回数の指定ができるようになりました。

指定した時間内、同じ条件での再荷電を停止する
抑止機能が追加されました。

受電者が「9」をプッシュすると、次の架電先に継続
架電する(スキップ)輪番機能が追加されました。

架電先電話番号が最大20まで増やせるようになりました。
2020年10月20日
架電の時間指定が可能になりました。
1時間単位で架電を行う時間帯の制御が行えます。
サービスについてのお問い合わせ
お問い合わせ
まずはお気軽にご相談ください。
メンテナンス・障害情報
パンフレット
【PDF形式:572 KB】
IoTコール 利用規約
【PDF形式:292 KB】
ユーザーマニュアル
【PDF形式:2.3 MB】
PAGE TOP